年度方針

目標

足元不注意による墜落・転落災害の絶滅

重点方針

1) 危険予知活動の強化

ご存知の通りKYとは危険のK、予知のYからなる言葉でその活動のKY運動は安全衛生の基本中の基本です。
ここから安全と危険に関する感受性を磨き、潜在的な危険を発見し、労働災害を未然に防ぐことが出来るようになります。

元気よく指差しをして、大きな声で「0災害で行こう、ヨシ!」と声掛けすれば、安全に対する欲求と危険に対する洞察力が高まります。

2) 労働安全衛生マネジメントシステムの実施

各部門ごとの活動ではなく、安全衛生活動を経営トップと現場従業員が一体となって安全に対する活動を行いそれを文書化します。

システムとしてP(プラン、計画)、D(ドゥー 実施) C(チェック 評価)A(アクト 改善)のサイクルを回し運用するのです。そして災害0から危険0の職場を目指します。つまり部門ごとの改善から全社的な経営の一環としての安全衛生活動であるということです。

3) リスクアセスメントの実施

KY活動は現場での安全衛生活動の主役ですが、どちらかといえば組織的かつ継続的な活動というより最前線の現場の活動です。

リスクアセスメントにおいては組織的かつ継続的に各現場のリスクを洗い出し許容困難なものから順に器具に保護具をつけたり、使用方法を改善したり、表示を大きくしたり又は作業手順を変更したりして安全化を図るものです。

常日頃からのKY活動の積み重ねがリスクアセスメントを厚みのあるものにします。

4) 自主的安全衛生管理の向上と安全パトロールの実施

毎月1回の安全衛生協議会並びに毎年3回の安全大会に於いて安全衛生教育を行い自主的安全衛生管理の向上を図る。
また、各協力会社の事業主に参加していただき、毎月1回以上の安全パトロールを従来通り実施し、安全衛生協議会での報告、指摘、改善を踏まえ、より充実したものとします。

3.目標値

  • 重大災害件数  0 件
  • 休業災害件数  0 件
  • 不休災害件数  0 件

4.スローガン

見逃すな 小さな妥協が仲間の危険 みんなを守る安全意識

北九州の型枠専門建設会社