社長あいさつ

代表取締役 内納 敏博

総括安全衛生責任者
代表取締役 内納  敏也

皆様方には平素より、当社の安全衛生活動に対して、格別のご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、平成25年の安全成績は不休災害が2件でした。
1件はコンクリート釘を抜く際に腰を痛めたもので、もう1件は釘打ち機で誤って指にクギが刺さったものです。
類似災害を含め同様の災害は今後絶対に起こさないように災害事例を見直し、対策を講じてください。
今年も4年前に達成した『365日連続無災害』への再チャレンジの年となります。

ミスから学び、同じことを繰り返さない事。そして、仲間との良好なコミュニケーションを取り声を掛け合い作業を行うことです。
まずは作業をする前、仲間の体調管理を行って下さい。次に服装のチェック保護具のチェック現場のルールの把握、そして最後にその日の作業における危険有害性の特定と対策。これらをしっかりと行えばほとんどの災害は防げます。ミスは0には出来ないかもしれませんが、万が一災害が発生しても事前の準備や努力によって重大度を低くすることは可能です。
過信せず日々の準備を怠らないようにしてください。
本年度の安全スローガンは『見逃すな 小さな妥協が仲間の危険 みんなを守る安全意識』です。
過去の災害やヒヤリハットを真剣に研究し、マンネリや惰性を捨て、毎日真剣に安全と向き合い作業してください。
結果的に無災害につながるはずです。

目標値である重大災害・休業災害・不休災害すべて0件を達成し、今年度も1年間無事故無災害を目指し、全員が一丸となって安全行動に取り組んで下さい。

北九州の型枠専門建設会社